MENU

姿勢が悪いとなる病気の一覧表を公開!

 

「姿勢が悪いということは万病のもと」
整体師さんが良く言われていることで、私自身も言われたことがあります。

 

「姿勢が悪いと体がゆがんで病気になりやすい!というのは分かるけど
具体的にどんな病気になるの??」
という方がかなり多いため、姿勢が悪いことで発生してしまう病気を一覧にしてみました!

 

肩こり
首のこり
ねこ背
偏頭痛
五十肩
筋緊張性頭痛
睡眠障害
胃痛
冷え性
不妊症
生理痛
坐骨神経痛
腰部脊柱管狭窄症
椎間板ヘルニア
顎関節症
うつ病

自律神経失調症
逆流性食道炎
胸郭出口症候群
脊柱後弯症
疲れ目
肌荒れ
神経痛
関節痛
内臓疾患
呼吸器疾患

 

 

かなりたくさんありますね・・・^^;

 

ただ、姿勢が悪いことで直接的になってしまう病気は多くありません。
直接的になってしまうのは首・肩のコリなどに限定されます。
多くが、姿勢の悪さから間接的になってしまう病気です。

 

姿勢を良くすることで、上記の病気を予防できる可能性が高まります。
姿勢を良くするというのは、アンチエイジングにもなり、健康維持になりますので、ぜひ姿勢矯正をしてみてください。